メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 煮物 / かれいの煮付け

かれいの煮付け

かれいの煮付け

魚屋さんでかれいを見かけました。 「メダカカレイ」と立て札があります。

そういえば、平目を食べることはたまにあれど、 かれいを食べる機会ってほとんどない事に気づきました。 ここ数年、家でもお店でも食べた記憶がありません。

一枚298円とありますから高くはありません。 今晩の夕食にと五枚買ったら、なんと298円というのは100グラムあたりの価格だったのでした・・・総額いくらになったのかは、 気がめいるので書かないことにしまして調理開始です。

メダカカレイ

メダカカレイ

これが一枚298円と思いきや、100グラムあたり298円だったメダカカレイです。

なりふりはヒラメとよく似ておりますが、腹を手前になるよう置いたとき、左を向いていたらヒラメ、右を向いていたらカレイです(例外もあります)。


ウロコを落とす

ウロコをかく

カレイの表面はヒラメと同様に、ヌメッとしていて小さなウロコがあります。 これを金だわしでやさしく丁寧にこすり落とします。


ワタをぬく

ワタをぬく

カレイを裏返して、腹の部分に包丁を入れて、ワタを引きずり出します。 もしも真子が入っていたら、それはとても旨いものですから中に戻します。


エラをとる

エラは表からのほうからが取りやすいです。


切り込みを入れる

流水できれいに洗ってから、身に格好よく十文字の切り込みを入れます。 シュッと薄く切れ目を入れる程度でよく、今回ちょっと深すぎました。


ネギ、ショウガ

ネギ、ショウガ

ネギと薄切りのショウガを用意します。 煮付けにはつきものですね。


鍋に材料を入れる

煮る

鍋にネギを並べ、その上にカレイを置いて、ショウガを散らします。 ネギの上にカレイを乗せることで鍋と身の間にスキマを作り、くっつかないようにしているワケです。


ひと煮立ちさせる

身が三分の一程度漬かるぐらいにを注ぎ、中火にかけます。 落としブタをしてひと煮立ちさせます。


醤油、砂糖、みりんを加えて煮る

醤油を注ぎ、みりん砂糖を加えて好みの味付けをし、落としブタをして10分程度中火で煮ます。

熱々でも冷めても美味しいものです。 独特の身離れのよさ、シャクリとした歯ざわりに家族一同とりこになり、明日の朝食に少し残しておこうと計画していたところ、平らげてしまいました。


かれいの煮付けのツボ

  • カレイを揚げても旨い。
  • 煮汁が残ったらこしてご飯にかけたり、素麺をからめたりして食べると美味です。

おさらい

かれいのウロコをかいてワタを抜き、十文字に切れ目を入れて、甘辛く煮付ける。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

11/03/23



ページトップへ
* *