メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 菓子 / ヨークシャー・プディング

ヨークシャー・プディングはローストビーフの付け合せとして必須

ヨークシャー・プディング

ローストビーフの脇に添えられた、あのスカスカしたモノこそヨークシャー・プディングです。

ヨークシャー・プディングもすごく美味い。 ただし、これはプディングと名がついているがプディングではなく、 バターを原料にした、ロースト・ビーフの付け合せである。

コリン ジョイス『「ニッポン社会」入門』より

檀さんの『美味放浪記』に、ローストビーフに関するこんなくだりがあります。

もとより、ローストビーフも、そのイギリス人が愛好する家庭料理である。

たとえば、チャーチルなど、随分と自慢のローストビーフを自分で作っていたと、聞いている。

ローストビーフは、実に簡単な料理であって、牛肉をオーブンの中で丸焼きにし、これをスライスして出すだけの事だから、 その出来は千差万別。 それこそ、味噌汁が家庭ごとに違って、むずかしいように、むずかしい。

焼き上げる肉の部分。 その焼き加減。 オーブンの大きさ。 熱。

先ず大雑把に二通りの方法があるようだが、一つは、まったく何の加工もしないで、脂身を上に、 肉をオーブンに放り込んで焼くだけ。

例えば、肩に近い部分の肋骨付ロースだったら、肋骨がついているのだから、ほとんど紐をかける必要もないが、 骨をはずしてしまうと、紐なしでは、ねじれゆがむ。

脂肪が少なく感じられれば、上部に牛脂をからげて、肋骨を下にしながら、焼くだけである。

ただ、その焼き加減だけが、おいしさを決定する。

外側はカリリと焦げているのに、骨から中心に至る部分は、血のしたたるような桜色だ。

この血のしたたるような桜色から、トキ色になり、紫、褐色、やがてカリリと焦げている表面の変化を、 完全に作り上げることが大変にむずかしい。

前のロンドン滞在中に、サボイで、はじめて、この完全なローストビーフを、スライスしながら皿に載せられた時の驚きと云ったらなかった。  その肉汁のしたたるローストビーフのおいしさに驚嘆した思い出がある。

丁度「フナヤキ」と同じように、メリケン粉を牛乳とバターでといて、ローストビーフの余熱で焼くのを、 「ヨークシャ・プディング」と云っているが、そのヨークシャ・プッディングを、四角に切って、 ローストビーフと一緒に喰べた味わいが忘れられなかった。

由来、私はローストビーフの信奉者である。

檀一雄『美味放浪記』より

いざ作るとなれば、ローストビーフを焼く傍らで楽に仕込めるのがヨークシャー・プディングです。

小麦粉と卵を練る

生地

ローストビーフを焼いてる間に生地を仕込みます。 ボールに卵一個を割り落とし、よく溶いてから小麦粉を1/2カップ加えて練ります。


牛乳を加え練る

ここへ牛乳1/2カップを少しずつ注ぎいれて練ります。


脂を加える

すかさずローストビーフよりしたたる大さじ2ばかりたらしこみます。 脂が足りない場合は何かしらの油を足して大さじ2とします。

軽く胡椒も振って、よく合わせます。


生地を休ませる

生地を半時間ばかり寝かせてから焼きます。 ローストビーフが焼けたところで取り出して、今度は200度にオーブンを設定し、15分程焼くのです。

生地はバターを塗った小さめの耐熱容器に流した方が形よくボコボコします。 生地の深さは1センチ程度にとどめたほうが、綺麗に焼けます。


ヨークシャー・プディング

焼き上がりはコンモリ可愛らしいものですが、放っておくと、ヘコんでしまう儚き姿なのです。

ヨークシャー・プディングャのツボ

  • 焼き時間はプディングの大きさにより変わりますが、目視で確認しながら焼けば難しい事ありません。
  • フナヤキ、って何なんでしょう。

おさらい

気分はまさにブリティッシュす。


15/03/31



ページトップへ
* *