メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 茹でもの / いいだこの茹で方

いいだこ

いいだこの茹で方

春先になると市場で見かけるようになるのがイイダコです。 普通のタコよりもずいぶん小さく可愛らしい姿にキュンと来ちゃいます。

いいだこ

いいだこ

これぞイイダコです。 春になると卵を持ちまして、それがあたかも飯粒に見える事から名がつきました。

※一応申し上げておくと、卵を持つのはメスだけです。


いいだこをもむ

塩もみ

茹でる前にはまず揉みます。 タコをザルに入れ、塩をたっぷり振ったらしっかりもんで、ヌメリを取り除きます。


茹でる

茹でる

塩少々を加えたお湯で、茹でます。 この際足先からチョンチョンと入れていくようにすると、綺麗な丸まりが生み出せます。


茹であがり

胴がしっかり固くなったら茹であがりです。

飯蛸

飯蛸

こんな感じです。

このままつまんでも美味しいですけど、今回味噌酢あえにします。


味噌酢

白味噌に砂糖と酢を加えてよく練ります。

ぬたの素もどうぞ!


いいだこのぬたあえ

イイダコは胴(頭)を落としたら足を「二本ずつ単位」で切り離し、味噌とあえるのです。

いくらでもつまめますよね。


レシピのツボ

  • 飯が入っていなくてもイケますよかなり。

ひとこと

飯蛸や膳の前なる三保の松:夏目漱石


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

18/05/10