メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / 茄子の詰めもの

【好きな食材で】茄子の詰めもの【トマト旨】

【好きな食材で】茄子の詰めもの【トマト旨】

米ナスを見るとつい作りたくなっちゃうんですよねこれ。

その巨体を器に見立てたこの料理、思いついた食材で気軽に試してみてください!

たまねぎを炒める

米ナス

並のナスでも作れますけど、大きいナスだからこそチマチマ手間がかからずステキなんです。


たまねぎを焼く

縦半分に切ったら、塩をまぶして10分置くとか、塩水でザッと洗ったりしてアク抜きをしておきます(気になるなら)。

あとは線みたいに包丁でグルリと一周、さらに格子状に切れ込みを入れたら準備完了です。

※切った表面に軽く小麦粉をはたいても。


ソース造り

揚げる

油で5分揚げましょう。 途中表裏をひっくり返したりし、くまなく火を入れるようにします。


ソース造り

揚げたらよく油を切って、その柔らかくなった果肉をスプーンでほじり出します。

この肉にショウガ醤油をたらすだけでも旨いんですけどねそれはまた別の話で。


ソース造り

果肉はザックリ刻んでおきます。 ほじり出す際あまりにも攻めすぎるとナス皮に穴が開いてしまいますのでご注意を。  かなり大ざっぱにしといたほうが焼き上がり「むしる楽しみ」があります。


ソース造り

鍋を熱してオリーブオイルをたらし、刻んだニンニクを炒めたらベーコンを加えて焼き色をつけます。 続いてホールトマトを加えてやや煮詰め、仕上げに叩いた果肉を加えてザックリ混ぜます。 これぞ今回の詰めもの!


ソース造り

焼く

あとは詰めものをナスの器に詰めて、上にチーズを乗せてパン粉と粉チーズを散らし、気持ちオリーブ油をたらしてから250度のオーブンで表面がカリッとするまで焼くだけです。

ソース造り

どうですこの、いかにも手をかけて作ったであろう圧倒的ビジュアルは。 カンタンにボリュームがあり見栄えのする一皿を生み出してくれる米ナスは偉大です。


ソース造り

和洋中、いかようにも作り方がありますので覚えておくとかなり便利なレシピです。


ソース造り

食べた後の皿にはヘタだけがひっそりと残るのでした。 もちろん揚げナスの皮は、鮭皮に匹敵する美味しさを持ちますからガンバッテかじりついちゃってくださいね。


レシピのツボ

ひとこと

買い出しに行ってこよっと。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

18/08/11



*