ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 鍋物 / おでんの白滝・老舗の袋

おでんの白滝・老舗の袋

おでんの白滝・老舗の袋

いつ覗いてもお客で満杯の老舗おでん屋に入る方法を編み出しました。

それはラストオーダー30分前に向かうという技です。

この頃になると、あいにくタネに品切れのものが目立ちますが、私の目当てはただひとつ、この店の名物「袋」だけでして。

こればかりは切らさんと、沢山仕込んでありますから何度伺ってもその妙味にありつけたというワケです。

揚げを開く

揚げ

一端を切り落として麺棒でコロつかせ、湯通しにして開いて袋にします。 いなりの手法ですね。


袋の具

あらかじめ茹でておいた春雨をベースとして、戻した干し椎茸、インゲン、鶏のモモ肉を刻んだものが入っています。

何度食べても必ずこれらの具が入っておりましたので、袋にする際ちゃんと数をあたって入れているのでしょう几帳面です。

※白滝、と謳っておきながら春雨を用いている所がいかにも老舗です。


具を詰める

具を袋に詰め込みます。 まず春雨を先に入れ、それからその他を加えると包みやすいでしょう。


袋にする

詰めたら巾着みたいに口をしばるのではなく、クラッチバッグ型に口を折り曲げて、戻したカンピョウを巻いて止めます。

袋を煮る

煮る

あとは鍋に袋を並べ、かつおだしに醤油で淡く味付けしたダシを張り、しばしコトコト煮るだけです。


老舗のおでん袋

かみしめる度にジュウと旨味があふれてき、ひとつ、またひとつと食べ進んでしまいます。


レシピのツボ

  • 干し椎茸の戻し汁のあればそいもダシに入れておきたかね。
  • 揚げの切り落とした一端も刻んで具に入れんねね。

ひとこと

ごちそうさんした女将さん。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

18/11/24



*