メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 煮物 / アクアパッツァ

アクアパッツァ

アクアパッツァ

友人のゾルゲル氏は日本に来て6年目のドイツ人です。 自転車と料理をこよなく愛し、ホームパーティーを開いてはドンチャン騒ぎをし、 奥さんに多大な迷惑をかけておりますが、飲むとガハガハ笑いだしてこちらも嬉しくなってきます。

そんな彼の得意料理は「アクアパッツァ」というイタリアの大御馳走でありまして、今回はそれを若干和風寄りにしたレシピです。

レンコダイ

何かしらの白身魚を用意します。 ちなみに今回はレンコダイを使っておりますが、タイやヒラメ、白身と指定しておきながらのイワシやアジ、さらにはイカやタコを使っても美味しく作れます。

あらかじめウロコをかいて、ワタを抜いて綺麗に洗っておきます。


鍋に昆布をしく

浅い鍋が適しています。 スキヤキ鍋などモッテコイです。 今回は無水鍋のフタを利用して仕込みます便利です。

鍋に昆布を一枚ひいて、


鍋に魚介を加える

魚介

その上に魚を乗せ、周囲にニンニクスライス、アサリドライトマトを散りばめます。

この面々が集まっているんですもの、旨くないハズありません。

※本来ここにタカノツメを何本か放り込んでおきたいところですが、子供たちも食べるのでウチでは後乗せ式です。


魚を煮る

煮る

鍋に日本酒をドボドボ注ぎ、続いてオリーブオイルをこれでもかと、五周ぐらい回しかけます。 最後に水を魚が半分浸かるぐらいに足して準備完了です。

中火にかけて、これからじっくり煮ていきます。


スープをかけつつ煮る

煮ている最中は、沸き立つスープを魚体の上から絶えず流し続けます。 まるでユーリンチーでも作っているかのような塩梅です。

これを辛抱強く15分ぐらい続ければ、魚は芯まで火が通るでしょう。


フタをして煮る

ちょっと面倒だなと思う時は、上からスッポリフタをして弱火で煮ればよいだけの話です。 10分ぐらいで火が通ります。


塩で調味する

調味

味付けはだけで十分です。 ちょっとスープを味見すれば、驚きの旨さを実感できます。


ネギを散らす

仕上げにネギを散らしてアツアツを食卓へ。 見栄えもしますし、おもてなし料理にもってこいです。


アクアパッツァのツボ

  • 今回アサリはスープ要員として投入しております。 もっと大事に扱うならば、魚に八割がた火が通ったところで加えれば、ムッチリ旨いと思います。
  • スープにパンを浸してつまむとヤバいです。 パスタやソーメンを放り込んでも絶品です。
  • 残ったスープでリゾットを作るとイケます。
  • 魚のサイズに注意します。 大きすぎると大変です。

おさらい

魚を旨味エキスの海で煮る。 呑めます・・・飲めます。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

13/11/21



ページトップへ
* *