メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / ベーコンエッグ

ベーコンエッグ

ベーコンエッグ

ぷちぐるを見てくださった方からからたまにメールを頂戴します。 応援だったり質問だったり間違いを指摘していただいたりと、 大変助かっております。

先月いただいたメールの主は、なんと、小学生でした。 小さなお子さんにも見ていただいているんだと、驚き、喜びました。

メールの内容は、「今度の日曜日にベーコンエッグを作ってみようと思います。 作り方を教えてください」というものでした。

ぷちぐるレシピには、目玉焼きの作り方ベーコンの作り方はありますが、ベーコンエッグの作り方はたしかにありませんでした。

はじめて頂戴した小学生からのメールにお応えし、今回はベーコンエッグの作り方を掲載します。

ベーコンを焼く

ベーコンを焼く

まずはフライパンをすごく弱火で熱してください。

十分温まったころ、ベーコンをフライパンにすき間なく、重ならないように並べます。 そう、油は引かないのです。  ベーコンには脂が沢山含まれておりますので、わざわざ油を引く必要はないのです。

手作りのベーコンを厚めに切って作ればこの上ないベーコンエッグが作れますが、 今回はあいにく切らしておりましたので市販品の薄切りベーコンです。

※厚めのフライパンを用いることがコツです。


ベーコンの裏側も焼く

並べたベーコンから油がにじみでてくるまで、動かしません。 動かすと、フライパンに張り付いたりしてベーコンはやぶれてしまいます。

ベーコンから油がにじんで、すこしクシュッと波をうってきたら、静かにベーコンを持ち上げ、裏返して反対側もこんがりと焼きます。

裏返す際、それぞれのベーコンは、焼き加減が均一ではないと思いますので、フライパンの真ん中に並べておいたベーコンは外側に、 外は内にと、配置換えしてやるのが均一なカリカリを生みだすコツです。

なーに火加減は弱火ですから焦げやしません。 落ち着いて、ゆっくりと焼きましょう!


ベーコンをカリカリにする

すべてのベーコンがカリッカリになれば、いよいよ卵の出番です。

卵は室温に戻しておいたほうがよいのもですから、あらかじめ冷蔵庫から取り出しておくとよいです。


卵を割り落とす

卵を割りいれる

ベーコンの上から静かに、卵を割り落とします。 ウチではいつも3つを割り落とします(食べる人の数)。


ベーコンエッグのできあがり

ベーコンエッグのできあがり

今回は黄身に膜を張らせたくなかったので、フタをせず、弱火で5分間焼きました。 膜を張らせたい場合は、フタをして、2、3分焼きます。

焼きあがったらベーコンの下からフライ返しを差し入れて、ゆっくりと皿に移します。  くっついて少しとりにくい場合もありますが、あせらず周囲から徐々にフライ返しを入れていけば、うまくいくはずです。


ベーコンエッグ

以上ベーコンエッグの作り方でした。 より詳しい卵の取りあつかいに関しては、目玉焼きの作り方に記してあります。 ご一読を!


ベーコンエッグのツボ

  • 卵とベーコンを別々に焼いてあとで合わせる方法もありますが、それではちょっとなんかこう雰囲気でませんし手間です。
  • ハムエッグの場合は油を引いてから同じように作ってください。
  • 終始弱火でお願いします。
  • ベーコンのカリカリ加減はお好みでどうぞ。 ベーコンの下になる面は軽めに焼きとどめておいたほうがよいかもしれません。

おさらい

フライパンを弱火で熱し、油を引かずにベーコンを並べて焼く。 カリカリになったら卵を割り落とし、フタをせずに5分程度焼く。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

10/08/11



ページトップへ
* *