メニュー


ごまきゅう

ごまきゅうこれまでにない口あたり

きゅうりをね、ちょっと品よくつまむんです。 「ごまきゅう」とはそのまんま、ゴマとキュウリのあえものです。

きゅうりの皮をむく

きゅうりをむく

きゅうりを一本用意して、事もあろうにその皮をスッカリむいてしまいます

なんてこんな事をするのかというと、きゅうり香を落ち着かせ、味の染みをよくするためです、とかなんとかいいますが、とにかく口当たりが優しくて、 食べた際に根切りもやし並みのオドロキがあるからむいている、ただそれだけです。


きゅうりに塩をする

むいたきゅうりは乱切りして、をパラリまぶして10分置きます。


ゴマをする

ごま

何せ料理名は「ごまきゅう」ですからね、ゴマに頑張ってもらわにゃなりません。 白ゴマ黒ゴマを小さじ一杯ずつ炒り、気が済むまでアタリます。


ごまだれ

あとはゴマへ、を大さじ2、を大さじ1半、砂糖胡椒は味見しながら加えます。 よく合わせれば、これが今回のゴマダレです。


あえる

あえる

きゅうりの水気を絞ってから、食べる寸前にゴマダレとあえます。 頃よくキンキンに冷やしておけば、ビールがもういくらでも、って感じです。

ごまきゅうのツボ

  • むいたキュウリの皮の行方が気になる場合は、むくハナから食べます。

おさらい

きゅうりの皮をむいて、炒りゴマだれとあえる。


15/06/10



ページトップへ
* *