メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼物 / 皮せんべい

皮せんべい

皮せんべい皮こそエンターテイメント

料理屋さんで出された謎のパリパリが、皮せんべいでした。 かじった瞬間口中に広がる香ばしさが魅力です。

刺身にする際引いた皮にて、ぜひぜひ仕込んでみてください! 酒飲みは大喜びしますから。

白身の皮をすく

白身のサク

何かしらの魚を冊買いしてきて皮をすきます。 今回これは、ですが、別にヒラメでも何でも構いません。

※白身と言いましたけど、これはブリでもイケるはずです。 とにかく何らかの魚の皮を入手します。


皮がすけた

こんな感じにすけました。 身は刺身にするとして、今回用事があるのはこの、ヨレヨレになったであります。


海苔

海苔

全型の海苔1枚(縦21×横19cm)を用意して、この表面に卵白をまんべんなく塗りつけます。 モタモタしていると海苔がヨレてきますのでチャチャッとうっすらハケを滑らせます。

※ちなみに今回海苔は半型×2枚を並べて使ってます。


海苔の上に皮を並べる

そして海苔の上に鯛の皮を一枚ずつスキマなく広げていくのでした。 全型海苔一枚すべてを皮で埋めるには、小ぶりな鯛一尾分の皮が必要です。

皮の量に合わせて海苔の量も調整します。


乾燥させる

風乾

皮を貼り終えたら、一昼夜風乾します。 あくる日にはもうパリッパリになっているハズです。


切り分ける

このパリパリをキッチンバサミでジョキジョキつまみやすい大きさに切りそろえまして、


焼く

焼く

薄く油を引いたフライパンにて弱火でこんがり両面焼きにします。

胡椒を振ってつまめばこれはもう・・・この旨さは実際作って召し上がっていただくしか表現のしようがありません、傑作ですこれは。


皮の湯通し

皮ポン

時には鯛の皮ポンもどうぞ! あらかじめウロコはよくかいておきまして、その皮を、ショウガを一かけら入れた湯の中へ15秒ほど通します。


冷水にとる

すかさず冷水にとって冷まし、徹底的に水切りをします。


鯛の皮ポン

あとは刻んだミョウガとでもあえて、ポン酢とからめます。 わさびも合いますねー!


レシピのツボ

  • 焼く際皮が縮こまってきますから、上からフライ返しなどで焼き始め10秒ほどは軽く押さえておいたようが綺麗です。
  • 炭火焼でもどうぞ!
  • 「魚の皮と海苔がこんなに合うなんて・・・と初めは腰を抜かしましたが、よく考えると両者は共に海の方でしたね。」

おさらい

鯛皮を海苔に並べ乾燥させ、炙るように焼くのだった。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

15/10/04



ページトップへ
* *