メニュー


鳥鍋

鳥鍋 あっさり白濁スープ

鶏ガラを丹念に煮込んで取り出したスープをポン酢で割っていただきます。  具材は最低限に抑え、いわばスープを楽しむ鍋です。 まさにシンプルイズベスト!

鶏がら

鶏ガラを煮こむ

鳥鍋はスープがものをいう鍋ですからスープは是非多めに用意しておきたいところです。 我が家では100グラム20円の鶏がらを大量に煮出してスープをとります。

煮込む前に、スープが出やすくなるように鶏ガラを包丁でこまかく叩いておきます。

鶏がらスープのとり方


鶏がら煮る

鍋に鶏ガラを入れて、水を張ります。 叩き潰したショウガネギ、好みでニンニクを放り込んで、火にかけます。

酒を加えてみたり、まじない程度に薄口醤油をたらしてみたりすると楽しいです。


鶏がら煮る

アクをコマメにすくいながら、2〜3時間コトコト煮ます。


スープ完成

次第にスープが白濁してくるハズです。 もしも透明感のあるスープがお好みだったら超弱火で煮込みます。

思いきり白濁させるのがお好みならば、強火でグラグラ煮るんです。

濃厚なコクがなのに、どこかアッサリとした鶏のスープは、このまま飲み干したいぐらい旨いもんです。


沢山鳥の身

※だしガラは、ガラめしに活用したりします。


具材

お好みでどうぞ! ウチでは白菜春雨長ネギ豆腐豚バラスライスをよく用います。

春雨を入れる場合、あらかじめ茹でておくとスープの保護につながります。 豚バラは好相性なので是非、多めに用意しておくことをオススメします。

鳥鍋なので、具にも鶏肉をほしい! という方は鶏肉を入れましょう。 そもそも家庭で鶏がらスープをとる場合、 分量的に鶏ガラだけでスープを抽出しては「ちょっと弱い」という話もありますし、モモやムネ、手羽先でもお好みの部位を入れると良いです。


鳥鍋完成

全ての具材をスープに加え、15分程弱火で煮込めば鳥鍋の完成です。 見た目にはインパクトに欠けますが、味はめっぽう良好です。  スープをザブザブ入れるところがポイントで、あくまでも主役はスープという位置づけです。


スープ

儀式

まずはスープを堪能しましょう。 器に白髪ネギを入れておいて、上からスープを注ぎ、少々で味を整えます。  一口すすると夢の世界、奥深い風味がここにあります。

次にポン酢を加えてススります。 また違った趣きでこれもまたアリなんです。


鳥鍋

あとは好きなように鶏鍋を堪能します。 器にとりわけて、小ネギを散らしたり、お好みで七味をかけていただきます。


鳥雑炊

鳥雑炊

しこたま飲んで食べたら最後のシメは鳥雑炊です。 スープが残る鍋に、水洗いしたご飯を加え、薄口醤油や塩で味を整えます。 お好みで最後に生卵を割り入れザッと混ぜるとできあがり。

腹一杯なハズなのに、何故か食えちゃうんですよね。


鶏鍋のツボ

  • スープは多めに用意します!
  • 春菊なんかも合いますね。

おさらい

鶏ガラを小一時間煮る。 ガラについている身をほぐす。 具材をいれてひと煮立ちさせてポン酢で食べる。

05/11/20



ページトップへ
* *