メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼物 / 手羽先の吉野焼き

手羽先の吉野焼き

手羽先の吉野焼き

こないだ料理屋さんで食べた、炭焼手羽先が実に面白い食感だったので話を聞けば、こういう事だったんです。

甘ダレを作る

タレ

あらかじめタレを仕込んでおきます。 鍋にみりん醤油を同量、あと少々を入れて火にかけ、少しトロミがつくまで煮詰めます。


吉野葛をする

吉野葛

吉野葛、あのすましにトロミつけたり活用するアレですね、これをすり鉢で挽いて細かくしておきます。


手羽先を焼く

手羽先

それでは炭火をおこして手羽先を焼いてまいります。 メンドウならば、オーブンでもイケます。

時折ひっくり返しつつ、表面が軽く乾いたところで、


甘ダレを塗る

甘ダレを塗り始めます。 塗っては焼いて、返しては塗り・・・という作業を鳥がベッコウ色になるまで根気よく続けます。 こういうつぶさに進歩が感じられる作業、好きなんですよねオイ。


吉野葛を散らす

仕上げ

仕上げに用意しておいた吉野葛をパラパラ全体に振りかけまして、サッと焼けばハイできあがりです。

吉野葛により、「ポルル」とした食感が加わり酒飲めます。 その際必須なのが粉山椒でして、これを忘れちゃったら酒飲めません。

手羽先の吉野焼きのツボ

  • 手羽先に火が通りやすいよう、あらかじめ骨の間に包丁を入れておくのもテです。
  • 甘ダレは今回の割合ではややアッサリ目(九州舌においては)なので、みりんを増減させてみてください。

おさらい

手羽先を炭焼きし、甘ダレを塗りつつベッコウ色にし、仕上げに吉野葛をまぶす。 粉山椒で!


15/02/02



ページトップへ
* *