メニュー


レタスと豚バラ肉の常夜鍋

常夜鍋

毎晩喰っても飽きねーなー

そこから「常・夜・鍋」と呼ばれるようになった鍋です。 向田邦子や池波正太郎も好んで食べたこの鍋は、これといって決まった作り方はなく、 お好みの食材でチャチャッと作れてしまいます。

豚バラスライスとニラの

という事で決まったレシピはありません。 肉と、何らかの食材を合わせて鍋にすればよいだけの話です。 あまり懲りすぎるとまた別の名前が必要になってきますからね。

ページトップはレタスと豚バラ肉の常夜鍋です。

鍋に湯を沸かし、豚バラの厚切りを入れて柔らかくなるまで小一時間煮て、それからレタスを加えます。 各々つまみ上げては、ポン酢でいただきます。

豚バラスライスとニラの常夜鍋

続きましては豚バラスライスとニラの常夜鍋で、カツオダシに豚肉とニラを山ほど入れて煮ています。 ニンニクをおろしこんだポン酢でいただいとりますが、 ここにタカのつめを加え、ダシにめんつゆで味をつけてからモツでも放り込んでやろうかな! とついエスカレートしそうになりますところ、ガマンです。 これはもつ鍋ではない、常夜鍋なのです。


豚ロースの薄切り肉とほうれん草の常夜鍋

豚ロースの薄切り肉とほうれん草の常夜鍋

トリガラスープに豚ロースとほうれん草を入れて煮てます。  とっさに胡麻油をたらして塩で味を調えて、春雨でも放り込んでやろうかと思いましたが、これはピェンローではない、常夜鍋なのです。


レタシャブ

レタシャブ

常夜鍋を食べ終えた後の煮汁には、豚肉の旨味がたっぷり含まれてますからね、そこへレタスをシャブシャブすると旨いんです。

レタスをむしってよく洗い、皿に重ねて盛ります。 そこから一枚つまみ上げては煮立った汁の中へ浸すと、豚の脂をまとって怪しく光ります。 そのシナッとしたのをポン酢に浸して食べると、これが旨いのなんの!


レシピのツボ

  • 常夜鍋は別名とんちゃん鍋とも呼ばれます。
  • 牛でも鶏でも美味しいです。

おさらい

最高三食材! 好みの肉と野菜を一緒に鍋にするのだ!

15/10/08



ページトップへ
* *