メニュー


鶏叉焼

鶏叉焼

叉焼をもっと身近に! という想いを基に考案しました。 あわせて「鶏そば」も是非お試しください。

鶏を煮る

鶏肉

モモでもムネでも結構です、個人的には身の締まったムネで作るのが好きですけどね。

タコ糸で縛って小鍋に入れて、醤油、水、みりん、砂糖を加えて煮はじめます。

ニンニク、ショウガを叩き潰して加えておけば、いかにもな風味に仕上がります。

※メンドウなら縛らずそのまま煮はじめます。


煮あがり

弱火でコトコト25分、時折肉を返しながら、丹念に煮込んでまいります。 煮汁が少ないので、焦げついちまわないかと心配になりますが、弱火でいる限り大丈夫です、ただ、火力は環境によっても違ってきますから、20分を過ぎたらマメに監視をしてください。

煮えたら火を止めて、10分置いてから切り分けます。

鶏そば

鶏そば

鍋にちょっぴり煮汁が残っていると思います。 野菜を煮たり、肉をからめたりと活用度無限でありますところ、今日はさっぱり麺を仕込んでみましょうかね。

鍋に市販のダシの素と水を加えて火にかけます。

丼には塩少々、胡麻油、鶏の煮汁を入れておき、麺を茹ではじめます。

ダシが沸いたら丼に流しこみ、麺の湯きりをして落とし、軽くいなしてから鶏叉焼を並べます。


レシピのツボ

  • トリチャーは、煮てから一晩冷蔵庫で寝かせて用いるのが最良です。 すると質感がグンと良くなりますので。

おさらい

お盆のひととき静かにリッチな時間を過ごしています。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

17/08/15