ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / 牛の胡麻醤油焼

牛の胡麻醤油焼

牛の胡麻醤油焼

料理は「簡単に作れて旨い」にこしたことはありません。

今回の一品は、胡麻さえ炒ってしまえばアッっちゅう間に作れてしまう簡単料理です。  醤油とミリンのおりなす甘辛風味は、日本人のDNAに深く刻みこまれているものだと思います。

ゴマをする

胡麻

話は簡単です。 まずは白ゴマをパチリとはじけるまで煎りまして、


ゴマをする

する

すり鉢で丹念にすりこみます。 「ゴマ多め」が美味しさのヒケツです。


胡麻醤油を作る

胡麻醤油

すったゴマに醤油みりんを合わせます。  醤油とみりんの割合は1:1が無難なところですが、お好みもあるかと思います。 ちなみに我が家は子供たちが甘口好みなので、 厳密にいうと醤油1:みりん1.3程度の割合で調合しております。


胡麻醤油に牛肉を浸す

牛肉を漬ける

できあがった胡麻醤油に、牛肉を浸します。 牛肉はなるべく脂の少ない部位が良いものです。 今回牛モモ肉を用いておりますが、 お好みの部位で結構です。 薄切り、厚切りもお好みでどうぞ。

浸しておく時間は肉のサイズにもよるのですが、2、30分も浸しておけば十分でしょう。


肉を焼く

焼く

あとはコッテリと焼きあげるだけです。 胡麻が焦げてしまう可能性がありますから、中火程度でジリリと焼いてください。

火が通ったからと肉をすぐに引き上げてしまっては、旨そうなテリがでてきませんから、ある程度胡麻醤油を煮つめるつもりで焼いてください。

焼きあがったら器に並べて食卓へ。 熱々でも冷めても、ご飯にも酒にも、子供にも老人にも喜ばれる一皿です。

※牛肉は焼きすぎるとよくないものです。 なので、牛肉に火が通ったら引き上げて器に盛り、胡麻醤油を煮つめて上からたらす、というテもあります。


豚肉のごま醤油焼き

豚肉のごま醤油焼き

実は牛肉でなくても構わないのです。 これは豚バラを食べやすいよう切り分けてからごま醤油に浸し、焼いたものです。

ドカベンにご飯をめいいっぱい詰め込んだ上に、肉を散らしています。  将来、息子が高校生あたりになったら、こんな弁当作って持たせると喜ぶだろうな、と思いついたのでテストしてみたんです。



牛の胡麻醤油焼のツボ

  • 胡椒をふったりニンニクすったり、唐辛子を加えたり、あらかじめ肉をすりタマネギに浸しておいたり・・・どのようにでも手を入れることができますが、シンプルな味というのもよいものです。
  • 胡麻醤油はあらゆる肉を包み込みます。 色んな肉でお試しください。

おさらい

ゴマを煎り、すり、醤油、みりんを注いで胡麻醤油を作る。 それに肉を浸しておいて、焼く。

11/05/18


Tweet @yes_oiをフォロー