メニュー


フグ刺

とらふぐ

年末の深夜番組をぼんやり眺めていた時のことでした。

「とらふぐセット食べませんかー?」みたいなCMが流れ、飲んで、眠くて、朦朧とした頭はヤケに反応してしまったのです。

深夜の通販番組をつい見ハマッテしまうことがごくたまにあります。 「うわーこれ使ったらメチャメチャ汚れとれそうやなー。 精神衛生上よさそうだ。 買っちゃおうかなー・・・」

と、深夜独特の思考回路が働いているようで、昼間だったら何の反応も示さないようなものまで興味があるように思えてしまいます・・・通販って不思議。 そうそう、この前通販番組で・・・

ちょっとマッタ、今回は、虎河豚を食べるの巻でした。

長崎戸石ふぐセット

長崎戸石ふぐセット

それではさて、まずはトラフグを一匹買ってきましょう!という話ではありません。 そんなことしたら毒で死にます。 免許も要るでしょうし・・・。

ということで今回お取り寄せしたのが「長崎戸石ふぐセット」になります。 たしか値段は7800円だったと思います。

長崎市たちばな漁業協同組合が販売しており、平成20年11月15日〜平成21年2月までの期間限定販売でした。


長崎戸石ふぐセット中身

セット内容

しばらくすると、発泡スチロールに入ったふぐセットが到着しました。 セット内容は↓

  • とらふぐ刺身:150g
  • とらふぐちり鍋用アラ:300g
  • とらふぐ皮刺し:50g
  • ひれ酒用とらふぐひれ:4枚
  • 特製ポン酢:150ml
  • 鍋用スープの素:40g
  • もみじおろし:10g×3袋

となります。 冷凍になっているので、食べる前に前もって解凍しておく必要があります。(当たり前ですが)


フグ刺

フグ刺

食べる30分まえに袋から取り出し、室温にて解凍し、添付のポン酢、もみじおろしで食べるようになっています。

数えるぐらいしかフグ刺しを食べたことはありませんが、このフグ刺は厚みがあります。 前々からやってみたかった事があります。  フグ刺しを何枚か箸でゴソッと豪快に取って食べることです。 やっちゃいました。

フグ特有の食感、あっさりとしながらもどこからか湧き上がってくる旨みにやられました。  冷凍になっているためか、若干モチモチ感が足りないような気もしました。 さらに解凍による水気が少し気になりました。 (添付のチラシによると、水気があるときはペーパータオルなどでふき取るよう指示があります)

※関西ではフグの刺身をテッポウと言います理由は当たると☆になるからです。 その刺身をてっさ、鍋をてっちりと呼びます。


どうしてフグ刺はポン酢で食べるのか

ズバリ醤油でつまむと、醤油の味が薄切りフグの味に勝っちゃうからです。 上品で淡白なフグの持ち味が消えちゃうんです。

ちなみにフグ刺は皿の模様が透けるほど薄切りしてありますが、これは何もケチッているわけでなく、身が締まっているから、厚切りにすると噛むに噛めないからでした。


フグチリ

フグチリ

アラを袋のまま冷蔵庫にて半日ぐらいかけて解凍します。 流水による解凍はとらふぐの旨み成分がなくなるので避けるように書いてありました。


フグチリ完成

鍋に水を800cc入れて、付属のスープの素と合わせます。 煮立ったらフグのアラを投入し、アクをとりつつ煮込みます。 今回具は春菊、豆腐、シイタケ、ネギを用いました。

煮えたら器に取り、刺身同様添付のポン酢、もみじおろしで食べます。

フグのアラってイイダシ出るんですよね。 キンプグの唐揚げをやる際も、残りのアラは小鍋仕立てにして楽しんでいます。

※ちり鍋の「ちり」とは、ぽん酢のことになります。 ポンヅで食べる鍋は、どれもチリ鍋なのです。 一般的に鍋の汁には味付けせずに、タレ、薬味で食べるものを指します。


河豚雑炊

河豚雑炊

鍋を食べ終えた後は、もちろん雑炊に仕立てます。 残り汁から小骨などを取り除いて、軽く洗ったご飯を加えます。 煮立てて、仕上げに溶き卵を回し入れます。

ハイ、美味しすぎます。

※何も雑炊にこだわる必要はありません。 うどんやそばを煮込んだりしてもイケます。 何を煮込む際にも言えることですが、ダシが煮詰まってしまっている時があるので、 その際は薄めて用います。


ヒレ酒炙る

ヒレ酒

ご丁寧にヒレが4枚ついているので焦げ目がつくまでよく炙って・・・


ヒレ酒

器に入れて超熱燗の酒を注ぎます。 ヒレ自体に甘みがあるので酒は辛口がよく、是非ふぐ料理と共に楽しみたいものです。 甘み、香ばしさがもう・・・。 やはり美味しすぎるので、 酒が無くなってしまった後に残るヒレまでかじって食っちゃいました。

※ひれ酒に用いる酒は安い酒のほうが合うという話もあります。


以上トラフグを堪能してみました。 今回のセットにはもうひとつトラフグ皮の刺身が入っているのですが、撮影しようとした時はすでに子供たちが食べきってしまっていました残念。


消えたトラフグ

※ちょうどこのページを作っているときに、面白いニュースを見つけました。  「築地市場でトラフグ2匹を仲卸業者が紛失」注意呼び掛け(毎日新聞) 以下引用しておきます。

東京都は13日、東京・築地の中央卸売市場にある仲卸業者がトラフグ2匹などが入った発泡スチロール箱を紛失したと発表した。

誤って調理された場合は危険なため、都は認証を受けたふぐ料理店以外でトラフグを食べないよう呼びかけ、医療関係者にもフグ中毒患者が出た場合は通報するよう注意喚起した。

トラフグの肝臓や卵巣などには青酸カリの1000倍以上といわれる猛毒が含まれている。


ふぐと魯山人

日本の食品中で、なにが一番美味であるかと問う人があるなら、私は言下に答えて、それはふぐではあるまいか、と言いたい。

ふぐの美味しさというものは、明石だいが美味いの、ビフテキが美味いのという問題とは、てんで問題が違う。

と、北大路魯山人は、魯山人味道に書いています。 読んでいただくとわかるのですが、フグをもう、大絶賛しています。

同じく魯山人味道に、河豚毒力表というのがありましたので、メモしておきます。

河豚毒力表→


トラフグのツボ

  • 昔はフグを食べることは命がけだった 桃山時代〜江戸時代にかけて「ふぐ禁止令」が出されたが、中毒死するものが後を絶たなかった。
  • フグの毒はテトロドトキシンという物質で非常に強い。

おさらい

フグセットを購入し、食べてみる。

09/1/14



ページトップへ
* *