メニュー


鶏香草焼

鶏香草焼

近頃忙しいったらないもので、めったにやりませんが、デパ地下の出来合いで夕食を揃えたんです。

酒の肴にローストビーフを買ったところ、コック帽の販売員さんが「うちのビーフは食べる直前ラップをかけずにバターを乗っけ、15秒チンしてください」と言いました。

忠実に守ったところこれがまた薫り高く、なるほどローストビーフ食べるにゃこの方法しかないな、とひざを打ちつつ薫るオーブン料理を研究中な今日この頃です。

鶏肉を焼く

鶏を焼く

モモ肉が適します。 ぶつ切りにして、表面に焼き色をつけます。 炭焼きするのが一番ですが、何フライパンでもかまいません。


にんにくバターを合わせる

にんにくバター

すこぶる便利なにんにくバターを練りまして、


オーブンで焼く

焼いた鶏を耐熱の器に入れ、上からバターを所々散らします。 あとは250度のオーブンで10分焼けばできあがり。 5分ほど経過したところで得も言われぬ香気があふれてきますので、 皆の期待が高まります。

鶏と一緒にタマネギやジャガイモ、プチトマトなど転がしておくとボリューム出ます。


香草焼きを食べる

食べる

熱々に塩、胡椒をパラリ。 レモンをジュッと絞り込んで頬張ります。

鶏香草焼のツボ

  • 鶏肉以外でもイケます。 魚も乙なもんです。
  • メンドウならば、にんにくバターで鶏肉を炒めたらよいかと思いますが、となれば香りは減ります。
  • 薫りをフルに堪能するならば、オーブンは五分で止めた方がよいかもです。 その分焼きの段階でしっかり火を通しておく必要ができます。

おさらい

鶏肉を香草焼きにしてふるまう。


14/06/12



ページトップへ
* *