メニュー


芥子豆腐

芥子豆腐ツーン!でも滑らか

絹ごし豆腐の滑らかな食感と、カラシのパンチが合わさると、一口めは舌がビックリしますが、その次からはみるみる肴になります。 オモシロイことに本豆腐、冷たくても温かくてもイケまして、 カンタンでもありますしぜひ、試してみてください。

絹ごし豆腐をすくう

絹ごし

豆腐は絹ごしでお願いしときます。 優しい舌ざわりとツンと抜ける辛味の対比が味のキメテでして。 豆腐の甘味がグンと引き立ちますから、ぜひ「豆味濃厚な豆腐」を用いてください。


絹ごし豆腐をかさねる

さじですくっては器に返し、と二段重ねします。


からし

からし

粉でもチューブでもかまいません。 そのまま用いると辛すぎるかも?でして、味噌少々を合わせたりし辛味を和らげます。

ガツンとツンと来たい方は、そのままカラシを用います。


仕上げ

仕上げ

あとは豆腐の上にカラシをたらし、周りに醤油めんつゆを流し込んだら準備完了です。

食べる寸前に青のりを散らし、大さじにて黙々とつまむのです。

芥子豆腐のツボ

  • 慣れてきたらカラシのみをかけたほうが旨い事に気づきます。

おさらい

絹ごし豆腐にからしをかけて、醤油たらしてワシワシかっこむ。

13/08/18



ページトップへ
* *