メニュー


鶏の酒蒸し

鶏の酒蒸し

こないだ二人して蕎麦屋で昼間から飲んだのですが、 その時つまんだ鶏の酒蒸しがえらく美味しくて、家でマネしては日本酒を呑んでます。  じき燗の季節がやってまいります。

ムネ肉に下味をつける

鶏肉

鶏はモモでもササミでもなく、ムネ肉が良い感じですムチムチでなくポサポサでもなく。 今回酒蒸しという名がありますが、蒸す気はさらさらありません。

ムネをボールに入れてを注ぎ、をパラリと振って半日ぐらい寝かせます。

この際好みでみりんとか、梅肉とかを加えたりしてもイケます。


ムネ肉にラップを巻く

ラップ巻き

肉を取り出して水気をふいて、若干丸めながらビッチリラップを巻きつけます。 二重三重に巻いておくと上手くいきます。


ムネ肉を湯に浸す

湯に浸す

鍋にグラグラ湯をわかし、そこへラップ巻きをドンと放り込んで茹でる、のかと思いきや火は消します。


長芋の漬物

あとはしっかりフタをして、30分安置するだけです。 この調理法こそが今回の山場でありまして、肉をシットリ適度にムッチリ仕上げるコツなのです。

海南チキンライスでさえ5分は火にかけますからね、まったく火にかけないとなれば簡単この上ありません。

お湯さえ用意しておけば野外でも作れます。


食べる

つまむ

時間がきたら引き上げて、ラップしたまま冷蔵庫で冷やします。 あとは適当にスライスして、カラシやワサビ、ポン酢や醤油等好きなようにつまみます。


鶏の酒蒸しのツボ

  • トンチンに近いものがあります。
  • 肉に対してお湯が少なすぎると芯まで煮えません。 是非たっぷりのお湯でどうぞ。
  • この酒蒸しに衣をつけて揚げるとビールにも対応できます。

おさらい

下味をつけた鶏肉にラップを巻いて湯につける。 じりじり火を通せばホラムッチリ。

13/09/17



ページトップへ
* *