メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 茹でもの / 半熟すぎない茹で卵

半熟すぎない茹で卵

半熟すぎない茹で卵

近所の定食屋が、昼に売り出す弁当の中には、必ず半分の茹で卵が入っています。

その茹で加減は年中たがわず絶妙で、かじれば黄身は羊羹みたいな歯ざわりに、中心部だけがうっすらカマンベールの舌ざわりなのです。

「どうやって茹でてんです?」

聞けばホントに簡単でした。

卵

まずは卵を室温に戻します。 冷蔵庫から出したてならば30分は置いときたいものです。

面倒ならば、鍋に水を張り、卵を沈めて10分置きます。


卵を茹でる

茹でる

卵の小鍋を強火にかけて、ゴボゴボ沸騰した瞬間! 火を止めてフタもせずそのまま3、40分放置しておきます。

すると余熱で徐々に熱が入り、得も言われぬ加減の茹で卵となるワケです。


絶妙な茹で加減のゆで卵

ボソつかず、トロけすぎない絶妙の仕上がりです。

茹で卵1

その他の茹で加減

ちなみにこれは、しっかり12分茹でた卵で、


茹で卵2

これが3分30秒茹でたものです。

それでは皆様たのしい「ゆでたま」生活をお過ごしください。


レシピのツボ

  • 岩塩振ってつまみました。

ひとこと

次回は9月5日にあっぷります。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

17/09/01