メニュー


ガドガド

ガドガド

まだ6月だというのに、暑いですよねえここんとこ。 長崎では今日も30度を越えるのだとか、フーっ。

この調子では、夏が来る前にバテてしまいそうです。 良い物を食べて、スタミナをつけておくしかありません。

いつもはアッサリいきたい雰囲気のサラダも、ありったけの食材を盛り込んでコッテリガッチリいただきます。 ガドガドとは、インドネシアのサラダです。

みじん切りにする

ピーナッツドレッシング

まずはドレッシング作りから。

ニンニクタマネギ、煎りピーナッツ、茹で芝エビを極細かいみじん切りにします。  ピーナッツをたっぷり使うことが旨さのヒケツです。

※現地ではこのドレッシングのことをカッチャン・サンベルというそうです。


カッチャン・サンベル

それらをすり鉢にうつして丹念にすりこみまして、砂糖胡椒を加えて混ぜ合わせます。  これにてドレッシングの完成です。


茹でもやし

野菜

野菜はお好みで季節のものを用います。 これはサッと茹でたもやしです。


プチトマト

こちらはトマト。 その他キュウリ、カリフラワー、サヤエンドウ、サラダ菜等思いついたものを手当たり次第に使います。


肉類

肉類

このままでは何てこと無いサラダで終わってしまいますので、蛋白源をドッサリ加えます。 茹でたエビカニササミ・・・さらには豆腐、湯葉など・・・「合いそうだな」と思ったものは何でも加えます。

器にサラダ菜を敷きつめ、その他材料をテンコ盛りにして、ドレッシングをたらしまくっていただきます。  今回ガドガドの頂点に半熟卵を乗っけました。

ガドガドのツボ

  • ドレッシングは強めに調味しておいてください。 サラダと合わさると味が薄れます。
  • 聡明な女は料理がうまい』を参考にしました。
  • ガドガドには「ごちゃ混ぜにする」という意味があるらしいです。
  • サラダ菜の上に中華麺を敷いて冷やし中華ならぬガドガド中華にしても旨いです。

おさらい

ピーナッツドレッシングをこしらえて、好みの野菜、具で豪快なサラダを作り、ワシワシ食べて暑さに負けないようにする。

11/06/24



ページトップへ
* *