メニュー


じゅんさい

じゅんさい

透明の膜に包まれた、不思議な植物じゅんさい。  はじめて口にしたのは、居酒屋に通い始めたばかり頃で、二十歳かそこらだったのではないかと思います。 「ツルトゥルッ!」というのど越しのよさに、 一瞬でなくなってしまいます。

ジュンサイ

ジュンサイ

このヌルヌラしたのがジュンサイです。 スイレン科の水草で、寒天質におおわれた若葉を食べます。

古池でないと育たない奇妙な植物で、古来は「ぬなわ」と呼ばれていました。

昔、京都にはジュンサイの生える池や沼がたくさんあったそうですが、環境破壊が進んだ現在、そのほとんどは消えてしまったといいます。  名産地として京都の深泥ケ沼と宝ケ池が有名だったそうです。

さて、買ってきたジュンサイを、冷蔵庫でよく冷やしておきます。


器を冷やす

じゅんさいを盛り付ける器も氷水に浸してよーく冷やしておきます。 とにかく徹底的に冷たくしてたべるのです今回は。


醤油

醤油

じゅんさいにかける醤油も冷蔵庫でよく冷やします。 お好みによっては、ポン酢でも構いません。


わさび

わさび

食べる間際にわさびをすりおろし、醤油で溶きます。  鮫皮おろしで、キメこまかくおろすことがポイントです。


じゅんさいを醤油とあわせる

あわせる

冷え冷えのじゅんさいの水気をよく切り、わさび醤油とあわせます。 すかさず食卓にあげれば真夏の食卓に、じつに清々しい風が吹きます。

じゅんさいのツボ

  • ジュンサイのぬめりは通称「あん」とよばれ、新芽を分厚く守っています。
  • ジュンサイを吸い物に浮かべるのもいいものです。

おさらい

じゅんさい、醤油、器をそれぞれキンキンに冷やしておく。 食べる際にわさびをすり、じゅんさい、醤油を合わせて冷たい器に盛っていただく。


11/07/19



ページトップへ
* *