メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 麺類 / スパゲッティ・カルボナーラ

スパゲッティ・カルボナーラ

スパゲッティ・カルボナーラ簡単卵パスタ

伊丹十三「女たちよ!」由来のレシピです。  ベーコンの塩辛さと卵の甘味が相まってこれまた簡単に美味しいパスタの出来上がり。

カルボナーラはローマの、日本でいうところのラーメン格にあたる庶民的な食べ物であります。

パスタを茹でる

パスタを茹でる

大鍋で、大量のお湯を使うのがパスタを茹でる際の基本です。

アルデンテに仕上げてみましょう。 アル・デンテとは「歯に」という意味になります。  パスタが軟くなる一歩手前の前歯でスコッと噛み切るときにまだかすかな抵抗を感じられる、 という状態に茹で上げます(スパゲッティのゆで方)。


ベーコン

ベーコン

ベーコンを小さく切って、ベーコンが油と分離してカリカリになるまで炒めます。 低温でじっくりと炒めるわけです。 カリカリなったら、あらかじめ暖めておいた器に入れておきます。


溶き卵

卵を一人一個強の割合で用意します。


卵溶き

卵を溶いて、黒コショウをかけます。 それをベーコンの器に半分入れておいて、パスタが茹であがるいなや、 器に落とし込み、残りの卵を上からかけて、速攻混ぜ込みます。

これにてカルボナーラの完成です。 パルミジャーノをパスタが見えなくなるぐらい振りかけて食べます。


生クリーム入りカルボナーラ

時には卵黄のみを使い、生クリームを加えて作ったりもします。 コクのあるカルボナーラに仕上がります。


カルボナーラのツボ

  • いずれもアル・デンテを心がけること。
  • パスタを茹でる際の水は大量に用意。 パスタを投入しても終始沸騰しつづけていなければならない。 塩もけっこう多めに入れる。
  • ベーコンはあと乗せ式にしたほうが仕上がりよいかも。
  • 卵が少ないとボソボソするよ。 注意。
  • ネギナーラもどうぞ。

おさらい

パスタはアル・デンテに茹で上げる。 ベーコンをカリカリに焼いて器に移し、茹で上げたパスタを器に入れて、その上からとき卵を混ぜ合わせて完成。 パルミジャーノチーズを山のようにかけて食べる。

05/11/20



ページトップへ
* *