メニュー


東坡菜

東坡菜簡単すぎる白菜料理

白菜を美味しく食べたいならばピェンローです。 これで決まりです。

でも実は、ピェンロー同じぐらい簡単かつ美味しい白菜料理があったのです。

その名も東坡菜(トンポオツォイ)

東坡?」どこかで聞いたことがありますよね。

そう、東坡肉(トンポーロ)です。

東坡肉を創作したとされる、宋代の大詩人「蘇東坡」が生み出したとされる料理が、 この東坡菜なのです。

白菜が美味しくなる季節に、東坡肉とあわせて東坡菜を作っていたらしいのです。

この話は邱 永漢の『食は広州に在り』にありました。  味は保証します。 是非、作ってみてください。

白菜湯とおし切り

白菜

白菜をサッと湯とおしして、一寸五分(約4、5センチ)ぐらいに切り分けます。 ちなみに一寸はおよそ3.03cmで五分はおよそ1.5cmです。


豚バラ肉湯とおし切り

豚バラ肉

そして豚バラにくも白菜と同じ長さに切り、湯とおしをします。 今回は豚バラブロックを買ってきて、自分好みの厚みに切り分けました。


肉、白菜を重ねていく

バラ、白菜をかさねていく

器に白菜と豚バラを交互に重ねていきます。 白菜、肉、白菜、肉、白菜・・・。


蒸しあげる

蒸す

重ね終えたら、白菜とバラを湯通しした際の汁を注ぎ、を適量いれて、2時間程蒸します。  ちなみにこの際邱さんは、味の素も入れるとのことでしたが、オイは好みで塩だけにしておきました。 それでも十分です。


〜 2時間蒸す 〜


東坡菜完成

東坡菜のできあがり

白菜と豚バラを重ねて蒸すだけで、こんなに美味い料理ができあがるとは驚きです。  白菜の味、豚バラの味。 単独では到底及びつかない素晴らしい風味がここにあります。  直接火にかけていないので、スープが澄み渡っています。 レシピ本なんかでたまに見る「白菜蒸し」の元祖はこの東坡菜でしょう。


白菜一枚めくる

白菜一枚めくるとこんな感じです。


デッカイ東坡菜

ちなみに我が家ではデッカイのを作って少しずつ切り分けて、


東坡菜切り分け

宴会時の前菜に少しずつ出して楽しんでおります。 ちなみにページトップの画像は、只今研究中の、重ねるのではなく、丸めて作るバージョンです。  白菜と豚バラを鍋一杯にパンパンに詰めて、切り株みたいな断面を見せながら、みんなでめくりめくり食べたいなと考えています。


東坡菜のツボ

  • 七味なんかかけて食ってもよかですばい。
  • オイは残ったスープをカレーに流用しました。 美味かった。

おさらい

白菜、豚バラを一寸五分ぐらいに切って湯とおしをする。 白菜、肉、白菜、肉と重ね合わせて、湯とおしした汁を入れる。 塩、味の素で味付けをして、2時間程度蒸す。 出来上がり。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

06/03/01



ページトップへ
* *