ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 揚げ物 / 太刀魚(タチウオ飯、黄金焼き)

太刀魚(タチウオ飯、黄金焼き)

太刀魚(タチウオ飯、黄金焼き)

焼いてよし、揚げてよし、煮てよし、刺身でよし、干してもまたよし。 太刀魚はすばらしい魚といわざるを得ません。

簡単な調理法で、どうやって食べてもおいしい魚です。 今日はいつもと少し違うタチウオ調理をご案内します。

タチウオ

タチウオ

タチウオはこんな顔をしている魚です。 魚屋に行くと長いまま売られていると思いますし、スーパーでは切り身で置いてたりします。

たちうおの歯はハモ並に鋭く危険ですのでご注意ください。


おろす

太刀魚の竜田揚げ飯

それでは太刀魚をおろします。 オイの場合はヒラメをおろすときの要領でタチウオをおろすのですが、要は「身のみ」になればどうやっても結構です。


塩

おろしたタチウオの表面にを少々振っておきます。 30分ぐらいこのまま放置しておきます。


下味

塩を振っておいたタチウオを小さくぶつ切りにします。 ボールに入れて、醤油、酒、砂糖、みりんで下味をつけておきます。  しばらくおいてから、片栗粉を少々まぶしつけます。


揚げる

160℃程度の低めの油でタチウオを揚げます。 油の温度が高いと調味している分焦げやすいのでご注意ください。

揚げたタチウオを炊きたてのご飯の上に散らし、茹でた枝豆をトッピングするとタチウオの竜田揚げ飯の完成です。(ページトップの画像)

お好みで一味を散らしてみたり、ご飯を炊く際に出汁、醤油少々で調味しておいたらよりいっそうおいしいハズです。


塩

たちうおの黄金焼き

次はタチウオの中華風焼き物です。 タチウオを骨のままぶつ切りにして塩少々をふっておきます。 30分ぐらいこのまま放置しておきます。


調味

たちうおを放置している間にタレを調合しておきます。 ボールに日本酒大さじ5、水大さじ3、酢大さじ1、塩小さじ1を入れよく混ぜ合わせ、 そこへショウガのみじん切り少々、長ネギのみじん切りたっぷりを浸しておきます。 いかにもおいしそうなタレです。


溶き卵

塩を振っておいたタチウオに小麦粉を薄くまぶし、溶き卵にくぐらせます。  トンカツの要領です。 おっとパン粉はまぶさないでくださいね。


タチウオ投入

中華鍋に油をたっぷりと熱し、溶き卵をくぐらせたタチウオを静かに投入します。


焼く

溶き卵が残っている場合はタチウオの上からかけて、箸でよせておきます。 卵が固まりだした頃、ひっくり返します。

蓋をして4、5分弱火で焼きます

※火加減にコツがいるので、一切れテストのつもりで焼いてみて、その後の分で調整するとよいかと思われます。


タレをかける

蓋を開け、用意しておいたタレをジャッとかけて、1分ほど焼くと完成です。


タチウオの黄金焼き

味が薄い場合は塩を振ったりして食べます。 ネギと油は合うし、ネギと卵も合うことは実証済みなわけです(肴肴肴)。  それらをまとったこのタチウオが美味しくないワケがありません。



太刀魚(タチウオ飯、黄金焼き)のツボ

  • 黄金焼きは油多めで焼きます。
  • 竜田揚げは酒の肴にもなります。
  • いつもの食べ方に飽きたときにでもお試しください。
  • タチウオの竜田揚げは中村孝明:和食の基本を参考にしました。
  • 太刀魚の黄金焼きは、おそうざいふう外国料理を参考にしました。

おさらい

太刀魚を竜田揚げと黄金焼きで食べる。

08/08/06


Tweet @yes_oiをフォロー