メニュー


イワシ丼

海鮮丼ゴマダレでクセなく食える

新鮮なイワシと天然鯛で海鮮丼を作ります。

青魚の鰯、白身魚の鯛。 どちちで作っても旨いものです。  ごまだれの風味がよくて何杯でも食べれそうな感じです。

胡麻をする

ゴマダレ作り

まずは白ゴマをパチンとはねるまでから炒りしておいて、すり鉢でよくすりこみます。


タレ完成

醤油と味醂を1:1の割合で調合し、すったゴマとあわせます。

そこへ胡麻油を少々たらし、すりおろしたニンニクを入れます。

醤油は甘め、辛め、お好みでどうぞ。 ニンニクのかわりにすりろしたショウガでも結構です。

別にイロイロ入れなくても「ゴマ、醤油、みりん」だけでも十分おいしいタレができますので、各種調味料はお好みでどうぞ。 醤油とみりんの割合もお好みです。

※みりんはあらかじめ煮切っておくとアルコール分が飛びます。 いっそのこと、 煮きり醤油をこしらえて、その中に刺身を漬け込むという技もあります。


鯛

さて魚の種類は何にしましょうか。 今回はと鯵を使いますが、新鮮であれば別にどんな魚だって美味しく作れます。  サンマでも、 サバでもヒラメでもアジだって、 だってなんでも結構です。


漬けこむ

魚を刺身におろしてゴマダレに漬けこみます。

鯛は皮付きで使いました。 三枚におろし、皮面をサッと炙ります。 適当な大きさに切りわけ、ゴマダレに漬けこみます。

漬ける時間はお好みです。 オイは30分ぐらい漬け込みます。 鯛は白身で味がタンパクな分、イワシよりも長めに漬けたりもします。 さらに何時間も漬け込んで、 酒の肴にしたりもします。

※鯛を炙ったあとに氷水に漬けたりしないという話もあります。 ウマミが逃げるから、だそうです。 イワシはおろして皮をはいでから漬けこみます。


海鮮丼 タイ

海鮮丼完成

丼にアツアツのご飯を盛り、漬け込んだ魚を乗せ、タレをちょっぴり回しかけ、小ねぎを散らし、わさびを添えて完成です。 これは鯛丼。


イワシ丼

イワシ丼です。 ページトップはアジ丼になります。


海鮮丼のツボ

  • 魚は鮮度が命。 新鮮なものを使う。
  • 次の日まで漬けこんで、お茶漬けにして食べてもうまいです。
  • 刺身で食べるにはイマイチ脂の足りない魚でよく海鮮丼をします。

おさらい

鯛の身、イワシの身を漬けダレに漬け込んで、どんぶりにごはんを盛り、ヅケをのせて食べる。

05/11/20



ページトップへ
* *