メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / ローストポーク

ローストポーク

ローストポーク

ローストビーフローストチキンはハレの日の食卓で大いに活躍できる面々ですが、そこにローストポークを是非加えておきたいのです。

牛、鶏とくればあとは豚しかいないのです。 豚にもイイ思いをさせてあげるのがオイの役目だと勝手に自負しております。

尚、本レシピは名著「聡明な女は料理がうまい」を参考にさせていただきました。

豚ロース肉

豚ロース肉

まずはとんかつなんかに使う豚ロース肉の巨大な塊を入手しなければならないのですが、さてどこで購入しましょうか・・・。

しばらく考えた後、よく行くスーパーの肉売り場に出向き、店員さんに「この肉って塊で買えませんか?」とそこで売られている豚ロースの薄切りパックを手に、たずねてみました。

店員さんは「あ、買えますよ」と、軽やかに答え、奥の冷凍庫から、巨大で金太郎飴のように細長い豚ロース肉を引っ張り出してきました。 「どのくらい切りましょうか?」と聞かれたので、 「とりあえず1、5キロぐらい欲しいのですが」というやりとりの上、入手したのがこの豚ロースになります。

せめて1キロ以上の塊を用意したいところです。


しばる

そんな豚ロースの塊を、タコ糸でしばりつけます。 この際、ぶ厚い脂の層が表になるように巻いてください。

※ひとくちに豚ロースといっても、 肩ロースとロースがあります→豚肉分布図。 どちらでも作ってみましたがおいしいことにかわりありません。


ニンニク塩コショウ

しばった豚ロースにラム肉を焼いたときのようにニンニクをすりこんでから、 塩、胡椒をふっておきます。


焼く

焼く

オーブンの角皿にタマネギのザク切りを敷き詰めて、その上に豚ロースの塊を鎮座させます。  さらにセロリ、ニンジンのざく切りをロースの周辺に散りばめ、焼きます。

ジャガイモ

今回、250℃で60分焼いてみます。 オーブンのスイッチを入れてから10分もすると、 キッチン中に洋食屋さんのような素晴らしい香りが漂いはじめます。 これを嗅ぎつけた子供は「今日はハンバーグやー」と喜び、 この香りはそのうち家の周囲にも広がっていくので近所の主婦の方々から「あら、オイさん家って今晩はビーフシチューかしら」と噂され、 さらには近所中のネコに目をつけられるという状態になります。

焼いている途中から、小さめのジャガイモの皮をむいて、豚ロースの周辺に散りばめておくと、 豚の脂がほどよく染み込みこんがり焼けたジャガイモの付け合せが作れます。 言うまでもなくおいしいものですので是非用意しておきたいところです。 豚ロース塊が小ぶりで、 焼くのにさほど時間がかからない場合は、はじめから放り込んでおいてもよいでしょう。


転がす

豚ロースをこんがり、まんべんなく焼くために、時折中をのぞいて溶け出した脂をかけてみたり、すこし転がしてみたりします。 この際ジャガイモの面倒も見てあげましょう。


串

牛はさておき、豚の生焼けは心配なので、頃合をみて竹串を豚ロースに刺し、にじみ出る汁が透き通るまで、よく焼きます。


切る

焼ける香りで生殺しにされているので流暢にかまえてなんかいられません。 焼けたら即食卓に運び込み、試しに切ってみます。 想像していたよりもはるかにやさしく肉は切れ、 断面からは肉汁が滴り落ち、脇のジャガイモの上にたれ落ちます。 食べてみると、柔らかいんですよね、肉が。


からし醤油

ローストビーフのように残り野菜をつかったグレービーソースで食べたり、 アップルソースで食べるのが一般的らしいのですが、桐島洋子さんは「からし醤油が一番合うと思う」と書いておられまして、 やはり合わないハズはないのでそうやって食べました。 ポン酢だって、そのまま食ったって美味しいものは美味しいのです。


ローストポークのツボ

  • ローストビーフの時のように、はじめに豚ロースの表面を焼いておくのもテです。
  • 豚肉塊の脂肪が多すぎる場合は、1センチ程度残して切り離してください。 その切れ端でラードを作ればロスになりません。
  • 時折オーブンを開けて焼け具合を確認し、その際皿にたまった油を肉にかけてやるなど手間をかけたほうが楽しいものです。

おさらい

豚ロースの塊をタコ糸でしばり、塩、胡椒、ニンニクをこすりつけてからセロリ、タマネギ、ニンジンと共にオーブンへ、途中でジャガイモを加え、中までしっかりと火を通す。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

08/07/15