メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / その他 / 簡単レシピ数品 / ニラ納豆、梅サバ缶、サンチュ

ニラ納豆

簡単レシピ数品:ニラ納豆、梅サバ缶、サンチュ

それでは引き続き簡単レシピを掲載していきます。 まずはニラ納豆からスタート!

ニラ

ニラ納豆

お好みの分量のニラを熱湯ですばやく茹でて、水にさらし、よく水気を切ります。 ザク切りにしておきましょう。


納豆

納豆を器にあけて、いつものように卵黄を落とし込み、醤油、からし、 隠し味に砂糖少々を加えておきます。


混ぜ合わせる

納豆を徹底的に混ぜ合わせておき、食べる寸前に、用意しておいたニラとあえます。 仕上げに炒り胡麻をちらしてニラ納豆のできあがり。

ご飯のお供だと考えていた納豆が、よい酒の肴になりました。 普段小ネギと納豆をあえることがあっても、ニラを使うことはありませんでした。 それがまた実に巧妙に合うのです。  考えてみると納豆と卵は好相性であり、卵とニラはニラ卵でもわかるようによく合います。

一見かけ離れた関係にある納豆とニラは、卵がとりもつ縁でめでたく結ばれるのでした。  胡麻油やラー油をたらしてみたり、 コチュジャンを加えてみるのもよいものです。

元ネタはコックのネタ本でした。


サバ水煮

梅サバ缶

ここに取り出しましたのは、何の変哲もないサバ水煮の缶詰です。 そのままでも美味しいのですが、ちょっとした工夫でけっこうな酒肴に化けます。 これもやはり、津村喬さんによるものです。


ペーストに

サバの水煮を鍋にあけて、梅干を種をとって梅肉のみにしたものを叩いて加え、よく混ぜ合わせてペースト状にします。

それに醤油をちょこっと入れて、醤油の香りが飛ぶまでサッと炒めたらもうできあがりです。


完成

梅干の酸味がまさかこんなところで役立つとは…。 梅肉の分量はお好みでどうぞ。


茄子

サンチュ

最後は韓国風の一品です。

まずはナスビをさいの目切りにしておいて…


炒める

フライパンに油をサラダ油5対胡麻油1の割合で引き、豚挽肉を炒めます。 しばらくしてナスを加え、さらに炒めます。


豆板醤

頃合をみて豆板醤ニンニク醤油で味を調えて、さらに炒めます。

※豆板醤がなければ唐辛子でよいし、普通の醤油でも大丈夫です。 甘味に砂糖とみりんを使うと和風寄りです。


トロミ

仕上げに片栗粉の3倍の量の水で溶いた水溶き片栗粉を加えてトロミをつけます。


くるむ

サニーレタスにくるんで食べます。 ご飯と一緒にくるんでもイケます。 ビーフンを使った生菜包みというのもありますよ。


以上簡単レシピでした、満足満足。



簡単レシピのツボ

  • 冷蔵庫の中身と相談して作ります。

おさらい

簡単レシピをそれぞれ楽しむ。

08/01/23



ページトップへ
* *