タラの白子のムニエル

タラの白子

とある結婚披露宴に参加したところ、となりの席に座る人は水産関係の方でした。

オイのくだらない疑問や質問にとても親切に答えてくれて、飲み進むにつれ話はスーパーボールのように弾みます。

「実はタラを丸ごと一匹食ってみたいと思っているんですが、縁がないんですよねえ」

と言ってみたところ、「ああタラならば今の季節手に入りますからよろしかったら用意しますよ」という返事をいただいて、 何日か過ぎてから「タラが用意できた」との連絡をいただきました。

すぐさま飛んでいって、入手したのが今回のタラ、の、白子です。

タラの身、白子はここ長崎のスーパーなどではほとんど見かけたことがないんです。 喜び勇んで調理開始です。

タラの白子

白子のムニエル

タラの白子

まずは白子をムニエルにしてみます。

そう、これがタラの白子なのです! うわーテラテラしていて瑞々しい、思わずそのままパクリとくわえて走り出したいくらいです。


白子の掃除

白子の掃除

まずは白子をザッと掃除してみます。 白子を薄い塩水に浮かべてまさぐると、薄い膜や血管などが現れるはずです。  それらを丁寧に、包丁やはさみを駆使して取り去ります。 カラスミを仕込むときの要領です。


小麦粉をまぶす

小麦粉をまぶす

掃除した白子の水気をやさしく拭きとってから胡椒少々をふりかけまして、小麦粉を薄く、 まんべんなくまぶしつけます。


白子を焼く

焼く

鍋を中火にかけて、オリーブオイルをたっぷりと注ぎこみます。 そこへ白子を投入し、両面こんがりキツネ色になるまで、まるで揚げるかのように焼きあげます。

この際油が少なすぎたり、白子を突っつきすぎたりすると、見るも無残に白子は崩れてしまいますから温かい目で見守ってあげてください。


ホワイトソース

ホワイトソース

焼きたての白子に大根おろしをぶっかけて、ポン酢をまわしかけてからかぶりつけばもう、天国へ行けるものなのですが、ちょっとそれでは芸がありませんので、 今回はコッテリとしたソースをかけて、食べることにします。

ベシャメルソースを「ゆるめ」にこしらえまして、塩を少しきかせてからチーズを放り込み溶かし、 クドいソースを作りました。 そこへ何気にパセリを混ぜこんでみます。

※白子が焼きあがるタイミングにあわせて作りたいところです。


盛り付ける

盛り付け

皿にソテーしたほうれん草を敷き、その上に焼き白子を置きます。 上からソースをかけまして、熱いうちにいただきます。


白子のムニエルを食べる

ただでさえ濃厚な白子に濃厚なソースがかかっているもんですから口に入れるとなんちゅうかもう、もっちりさくさく大騒ぎです。

表面はカリリとしているのに、中身はトローリですからね、こんな食感なかなか無いです。


タラの白子の茶碗蒸し

タラの白子の茶碗蒸し

掃除した白子をタネにした茶碗蒸しも美味しいものです。 白子のクリーミーさが引き立つ一品ですよ。


白子ポン酢

白子ポン酢

なんだかんだ言ったって、白子を茹でて冷水にとり、水気を切ってからよく冷やし、 好みのポン酢をかけて食うのが酒には一番です。



タラの白子のツボ

  • 白子のみそ鍋もどうぞ!
  • 新鮮な白子をご用意ください。
  • 白子の血管やぬめりは臭みの元になりますので丁寧に取り除いてください。

おさらい

白子をムニエルにしたり、茶碗蒸しにしたり、ポン酢でたべる。

11/02/01


Tweet @yes_oiをフォロー