メニュー


ズリコン

ズリコン

すなぎも炒めカルビこんにゃくを肴にビールを飲んでたんです。

そしたら次第に砂肝をつまんでいるのかコンニャクなのか、釈然としなくなってまいりましてね。 「グミーッ、ジャクッ!」とした食感が似てたんです。 そこで突如席を立ち、いざ作ってみたのが今作です。

キャベツを炒める

砂ずり

砂肝一個に破線みたいに切れ目を深く入れ、赤線みたいに切り離します。 あまり細かく切りすぎたら、砂肝のザクジャクした食感が楽しめませんからこう切ります。

※砂肝には銀皮がありますから、かなり大胆に包丁を入れても皮スレスレで包丁が止まってくれます、ベンリー銀皮。 切れ目は深く、これぞ美味しさのヒケツです。


牛肉を炒める

炒める

鍋を熱し、油を引いて、砂肝を炒めましょう。 次第に「タコウインナー」のように切れ目からズリは開いていくでしょう。

火が通りやすいのなんの。


牛肉を炒める

仕上げ

ズリへ、まんべんなく焼き色がついたところで、サイの目切りのコンニャクを投入し、炒め合わせてまいります。 この際コンニャクはズリと同程度に切る技もありますが、細かい方がつまみ良いです。

塩、胡椒をしてしばし炒めた後、青ノリをガッツリ加えて鍋をあおり、ズリとコンにからめます。 イロドリとしても美しいですし、なによりノリの焼ける香しさが食欲をソソります。

仕上げにしょうが汁をたらしこんで火を止め、器に盛ります。 お供には柚子胡椒レモンがとても合います。 サジですくってはつまみ、グビガビ呑みましょう!


スナズリニンニク

スナズリニンニク

似た感じのをもうひとつどうぞ。 小鍋にゴマ油を多めに引き、ニンニクスライスをややキツネ色になるまで弱火で揚げるように炒めます。  すかさずスナズリを加え、くまなく炒め合わせます。 あらかた火が通った所でキノコを入れてシンナリさせて、ゴマ、タカノツメを散らして塩、胡椒を振ります。

まるでアヒージョを仕込んでいるかのように、ザブザブ油を用いる事がコツなんです。


レシピのツボ

  • 上級テクニックとしてまずはコンニャクをカリカリに炒めておいてから、ズリを投入するという軽い食感を重んじた製法もございます。

ひとこと

オリンピック柔道も、パラリンピック柔道みたいに組み合ってから試合開始、としたら曖昧な指導が減るかもしれません。 むしろウエイトリフティングのように種目分けするとか。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

16/09/11



ページトップへ
* *