メニュー


トルコライス

トルコライス

トルコライスとはトンカツ、ピラフ、スパゲッティ、サラダ、カレーを一つの皿に盛り合わせた料理で、 長崎の喫茶店、洋食屋のメニューに載せられていることが定番的です。 

では早速作ってみたいと思います。

図解:トルコライス

トルコライスの作り方

まあ作り方といってもそれぞれ個別に調理すればよいだけの話なのですが、一応説明してみたいと思います。(細かなバージョンの違いもありますが、今回はオイ風ということで)


バターライス

ライス

まずはライスからいきましょう。 オイが今まで食べてみた経験から言うと、ピラフ、焼き飯バターライス、ただの白米、このようなバリエーションがあるようです。 オイ的には、焼き飯や ピラフだと全体で見た場合、味がクドすぎるような気がするし、 ただの白米だとなんだかさみしい。 なのであっさりとしたバターライスに決めました。 そしてマッシュルームを刻み込んでみます。

サフランライスなんか面白いかと思います。


カツ

トンカツ

トンカツは豚ロース肉を使用してつくりました。 豚ヒレ で作ったヒレカツが乗ってるトルコライスというのは経験したことがないと思いますが、お好みでどちらでもよいのではないでしょうか。
ソース

ソース

カレー風だったり、ハヤシライス風であったり、 はたまたお好み焼きソースのようなものや、おそらくただのウスターソース、ちょっと本格的になるとデミグラスソースを使用したものまであるようです。  本気で作るならば、ソース・エスパニョルをこしらえてトンカツの上からかけると美味しいでしょうが、 他との調和がとれなくなる恐れもあります。 カレーライスを作る場合の肉は安いものを使ったほうがウマイとかいう話もありますし。

ちなみに今回は前の晩の残りであるハヤシライスのルーをかけてみました。  ソースをかける分量もお好みがあるのでしょうが、オイは「トンカツにかけるためのソース」という位置づけで使用しました。


スパゲチ

スパゲチ

豪華にいきたいならば、ミートソースアサリパスタ、 はたまたトマトソースでもよいのでしょうが、やはりトルコライスといえば、 『パスタをゆでて、ケチャップとからめただけ』をここに配置するのが雰囲気だという気がします。

しかしオイ個人的な好みでいえば、しょうが焼きのタレをからめたスパゲティを添えたいと思います。


ポテトサラダ

サラダ

キャベツやレタス、タマネギの千切りを水に浸しておき、その後徹底的に水切りをすればよいかと思います。  パセリなんかも添えたりして。 ポテトサラダでもいい感じなのではないでしょうか。

まとめ

ザッと上記のような感じではないでしょうか。 盛り付け方は各個人の好きなようにすればよいと思います。 しかしトルコライスの名前の由来に、「トルコ架け橋説」というものがあり、 ライスが中国あたりを、スパゲチがヨーロッパあたりをさし、その間にあるトンカツがトルコで両者の架け橋なのだという妙な話もあるのでそれぞれを一応その付近に配置しておいたほうが無難かもしれません。


トルコライスのツボ

  • 実は大阪市、神戸市にも同名の料理があるのだとか。 大阪風のトルコライスはチキンライスをオムライスにし、上にトンカツを載せて ドミグラスソースをかけるというもの。 神戸風のは焼き飯の上にカレーをかけ、生卵をトッピングしたものだとか。
  • その昔長崎市内に実在したらしいレストラン『トルコ』がトルコライスの由来だという話もある。
  • フランスの国旗『三色旗』を意味する「トリコロール」がなまり「トルコ」と略されたという話もある。 ライス、トンカツ、スパゲチ3種類の盛り合わせを三色旗に見立てたとか。

おさらい

ライス、トンカツ、スパゲチのお好みのものをチョイスし、ひとつの皿に盛り合わせる。

07/01/28



ページトップへ
* *