パエリヤ

パエリヤ

そのアサリも、殻ごと入れるから、いやはや、出来上がりのパエリヤは、 それこそ満艦飾のもようを呈するのである。:檀さん


パエリヤ

海鮮盛りだくさんで、少量ならば酒のサカナにもってこいというパエリアを作ります。

バルセロナとかバレンシアとか、地方によっては中に入れる具が鳥だけだったり、 ムール貝を入れたり、エビを入れる地方があったりするそうですが、檀さんの場合、 なんでもゴタ混ぜにして豪快に作ります。 それでは料理開始!

水漬けの米

1、まずはお米を適度な分量水に浸しておきます。 今回は5合です。

サフランをお湯に浸す

2、そしてスペイン料理には欠かせないサフランを、少量のお湯に浸しておきます。

ニンニクとタマネギを炒める

3、タマネギをみじん切りにして、若干ニンニクも一緒に入れ込んで、鍋で炒めます。  油はオリーブ油がよいでしょうが、バターやサラダ油でも大丈夫。 分量は米5合にタマネギ半分ぐらいです。

米投入

4、タマネギとニンニクが程よく炒められたら、用意しておいたの水をよく切って投入します。 5分ぐらい炒めましょう。  くっつきやすいので油を多めに入れておきます。

サフラン投入

5、米が炒め終わると、用意しておいたサフランを投入し、よく混ぜ合わせます。 一気に色づき、キレイです。

鶏のぶつ切り

6、さ、次はお米を炊く準備。 鶏の骨付きモモ肉を一本用意し、骨ごと叩き切ります。 骨付きです。

米を炊く

7、そして炒めた米とモモ肉を一緒に炊きあげるのです。 水の分量はお米と同量。 もほんの少し入れて、 さらにもちょっとたらしこんでおきます。

エビを炒める

8、お米を炊いている間に具材を炒めましょう。 鍋に好みの油を引き、背ワタを抜いたエビを殻ごとニンニクと一緒に炒めます。

椎茸

9、エビの殻が赤く染まりだしたころ、椎茸を投入します。 このシイタケは絶対入れたほうがよいです。

アサリ投入

10、続いてよく砂抜きをしたアサリを殻ごと投入します。 口がパカパカと開いてきたら、全体にほどよくを振ります。

鳥ごはん

11、そうこうしているうちに、鳥ごはんが炊けてきます。 一口つまんでみると、このままでも非常に美味なことが判明します。

鶏ご飯

12、その鶏ご飯を投入し、具と一挙に混ぜ合わせます。 鶏ご飯の分量が多い場合は、小分けにして炒めたほうがよいです。

キンフグの唐揚げ

13、そしてここで、サカナの唐揚げを用意します。 今回は、只今我が家で大ヒット中のキンプグの素揚げです。 ウマイんですよこれが。

魚の唐揚げ投入

14、最後に魚の唐揚げを投入し、混ぜ合わせせればパエリヤの出来上がり。 器に盛り、パセリや胡椒を散らして食べます。


感想

以上パエリアでした。 こんなウマイものをよく発明したものだスペイン人。 とでも言いたくなるほど豪快かつ美味しい料理でした。  アサリの殻にくいこんだ米を、アサリの身と一緒にほうばると、酒がすすむワケです。 ドデカい殻入れ用のどんぶりでも脇に置いて、ムシャムシャ食いたいものです。

すごく美味しかった具は、シイタケです。 色んなエキスが染み込んでいるのでウマイウマイ。 是非とも入れたほうがよいと思います。

06/02/23
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

スペインつながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

【パエリヤ】

  • 米:2合
  • 水:300g
  • サフラン:少々
  • タマネギ:1個
  • ニンニク:2カケラ
  • オリーブ油:大さじ3
  • 骨付きモモ肉:(手羽元5本)
  • 塩:少々
  • 酒:少々
  • エビ:適量
  • シイタケ:2個
  • アサリ:1パック
  • 魚の唐揚げ:適量
  • 胡椒:少々
  • パセリ:少々

【調理時間】

  • 40分

【一口メモ】

  • 米の水の分量に注意!

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *