レバーとニラいため

レバーとニラ炒め

強い火で、手早くやるほどおいしいはずだ。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > レバーとニラいため

レバーとニラいため

豚のレバー」の炒めものです。

この調理法では、臭みがほとんど感じられないので、レバーがニガテな方にも、是非試していただきたい一皿です。

妻は昔からレバーがちょっとアレなんですが、ここでは4切れほど口にしました。 もちろん、酒飲みにはこんなイイつまみありません!

レバーの血抜き

1、豚のレバーを用意します。 分量はお好みでかまいませんが、個人的には500グラム程買ってきて、大皿に盛って皆で突つきたいような気分です。

レバーを食べやすい大きさに切り、10分間水にさらします

 
下味をつける

2、つまり血抜というワケです。 済んだら水気をよく切って、ニンニクショウガをおろしこみ、醤油を少々たらし、20分間漬けこみます。

下味がついたところで、片栗粉を加えて指で丹念に混ぜ合わせます。

炒める

3、鍋にラードを入れ、強く熱します。 煙が立ちのぼったらレバーを投入し、炒めてまいります。

仕上げ

4、レバーに火が通りはじめた頃、ザク切りのニラを加えます。 ニラがしんなりしてきたら、醤油を大さじ一杯たらします。 醤油が絡んだところで完成です!

感想

以上レバーとニラいためでした。 片栗粉のトロミが「醤油気」をふんわり甘めに感じさせる、なんとも素敵な一皿でした。

レバニラといえば、昔近所にあった小さい中華料理屋さんを思い出します。

お昼をよく食べに行ってましたが、レバニラは、野菜炒めと並ぶその店の人気メニューで、350円でしたかね。

レバーとニラを炒め、卵で閉じていて、それにウスターソースをドバッとかけて食べるんです。 これがまたウマかったんです。

そんな当時を思い出しながら、たまにレバニラ炒めを作ったりしていたところ、この檀さんのレバニラ炒めは相当高レベルですね実際。

下味がしっかりとついている上、血抜きも行っているからレバー臭が気になりません。

もっとも私は、「レバーの臭み」こそ、「レバーを食べる醍醐味」であると思っているので血抜きは普段やりませんが、 子供たちにレバーギライがもしいたら、作りに出向いてでも、食べさせてあげたいと思う次第であります。

レバー

レバーは英語でいうliver → 肝臓からきている呼び名です。 鉄分とビタミンの宝庫で、美肌の元、ビタミンAをなんと人参の10倍も含んでいます。  その上ビタミンB1も豊富だという優良食品なんです。

06/02/02
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

モツつながり

檀流クッキング完全再現topへ

材料:2人前

  • 豚レバー:250g
  • ニンニク:2カケラ
  • ショウガ:ニンニク同量
  • 醤油:大さじ2
  • 酒:大さじ4
  • ラード:大さじ1
  • 片栗粉:小さじ半
  • ニラ:一束
  • 醤油(仕上げ):大さじ1

【調理時間】

  • 33分

【一口メモ】

  • 牛レバーでもイケますよ。 ラードがキメテですね。

ぷちぐる本

檀流レシピ
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ