前菜用レバー

前菜用レバー

前菜用の本格的なレバー料理を稽古しよう。:檀さん


前菜用レバー

豚レバーを炒めて食べる「レバーとニラいため」は前に紹介しましたが、 今回は、豚のレバーを塩と醤油で煮て、薄切りにして食べるという前菜用のレバー料理です。

針ショウガと一緒に食べると酒のサカナには最適、だから今日も飲むしかありません。

レバーを煮る

1、豚レバーを一塊買ってきまして、

その塊を鍋に入れ、丸々浸るくらいの水を入れて、沸騰させます。 を一つまみ入れ、5分煮ます。 要は血抜きをするワケであります。

血抜きの完了

2、5分たってからレバーを取り出してみても、まだまだ血がにじみ出てくるはずですが、これからじっくり煮るから大丈夫です。

煮込む

3、同じ鍋でも別の鍋でも良いですが、今度はたっぷり水を張り、醤油、塩を加えます。 そしてニンニク、ショウガを潰し入れ、 レバーをまるごと放りこみます。 人参の切れ端や、ネギ、タマネギなど家にある残り野菜も一緒に入れて、50分程コトコト煮ます。 少々ザラメを入れてもよいですね。

30分ばかし経過したところで胡麻油を2、3滴たらしこみます。 もしも中国風の香りをつけたかったら、五香や大ウイキョウを少々入れるとよいです。  さあ、煮あがったらそのまま完全に冷やし、薄切りにして、針ショウガを添えていただきます!

感想

以上前菜用レバーでした。 針ショウガと一緒につまめばもう、旨いのなんの。 針ショウガは、写真の倍量は用意しておきたいところです。  もしも食べる際、味が薄かったら、醤油をかけて食べても美味しいです。 見た目に物珍しいので、来客の際には喜ばれそうであります。

薄切りにして食べるので、500gぐらいの豚レバーの塊を使うと結構な分量ができます。 実は残ったブロックを煮汁に漬けて、 冷蔵庫で保存すると1週間ぐらいは大丈夫だと檀さんは書いておられるので、毎日チョットづつ楽しむのもよいかと思われます。

06/02/02
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

モツつながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

材料:3人前

  • 豚レバー:250g
  • 塩:少々
  • 醤油:ひとたらし
  • ニンニク:2カケラ
  • ショウガ:ニンニク同量
  • 各種残り野菜:適量
  • ザラメ:少々
  • ゴマ油:少々
  • 五香:お好みで
  • 大ウイキョウ:お好みで

【調理時間】

  • 60分

【一口メモ】

  • 花のように並べて食べる。

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *