クラムチャウダー

クラムチャウダー

このクラム・チャウダーなども、アメリカの簡素で、おいしい料理の、傑作の一つだろう。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > クラムチャウダー

クラムチャウダー

今日はクラムチャウダーを作ります! 完成度に対し、時間や手間もかかりませんから、今晩のおかずに困っているお母様方にもオススメです。

アサリを煮る

1、クラムチャウダーといえばアサリです。 もしもハマグリを用意できればしめたもの、味と見栄えが格段によくなります。

鍋にを入れ、沸騰させます。

沸いたらアサリを入れまして、口を開いた瞬間、火を止めます。 長煮は禁物なのです。

アサリの身をむく

2、湯がぬるくなったら、アサリの殻をはずします。

身は、砂を落として皿に移しておきます。 ここであさりの身を刻んでおいても良いでしょう。

煮汁は味のキメテとなりますから、大事にのけておきましょう。 砂が見える場合は丁寧にこしておきます。

具の調理

3、具に取りかかります。 お湯で塩抜きしたベーコンもしくは豚の背油、タマネギ、パセリ、 そして湯むきしたトマトをみじん切りにします。

それらをバターとサラダ油で色がつかない程度に炒めます。 すかさず小麦粉を加えて混ぜ合わせ、

のけておいたアサリの煮汁を注ぎ入れ、丁寧に溶きます。

煮込む

4、牛乳を鍋に加え、弱火で丁寧に混ぜながら煮ます。

さいの目切りにして塩茹でしておいたジャガイモを加え、好みでタイムの葉を放り込み、細かく刻んだセロリを加えます。

味をみて、で調えましょう。

仕上げ

5、最後にのけておいたアサリの身を加えると、クラムチャウダーのできあがりです。 チーズ・クラッカー等を散らして食べます。

感想

以上クラム・チャウダーでした。 短時間でこんなに美味しいスープが飲めるなんて幸せ、アサリエキスは素晴らしい! 子供にも人気です。  記憶では小学校の給食に、これとまったく同じ味の、アサリの身が入っていないホワイトシチューがあったような気がします。

今回、ツナギに小麦粉を使用しましたが、本国アメリカでは、クラッカーを潰し入れてツナギとするそうです。

クラムチャウダーのスタイル

聡明な女は料理がうまいによりますと、 クラムチャウダーには牛乳味のニュー・イングランドスタイルと、トマト味のマンハッタン・スタイルの2通りがあるそうです。  ニューイングランドのほうが伝統的なのだとか。

とすれば今回のものは、ちょうど中道を行くものであり、牛乳トマトの割合調整で、どちらにも転ぶことができる調理となりますね。

トマトの皮をむくには

本レシピでトマトの皮をむきましたが、とってもカンタンな方法があります。 それは電子レンジでチンすること。 でもよく熟れたトマトでないと、 うまくむけない場合がありますのでご注意を。 ちなみに同方法で、サトイモの皮もむけますよ。

レンジを使用しない場合は、やはりお湯にトマトを漬けて、皮が少し破れた頃引き上げ、手でむきます。 トマトの湯むき、直火むき(皮のむき方)

06/04/06
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

アサリつながり

関連レシピ

檀流クッキング完全再現topへ

クラムチャウダー

  • アサリ:1パック
  • 水:300cc
  • ベーコン:薄切り5枚
  • タマネギ:1個
  • トマト:1個
  • ジャガイモ:5個
  • 小麦粉:大さじ2
  • 牛乳:200cc
  • 塩:少々
  • バター:適量
  • サラダ油:適量
  • パセリ:好きなだけ
  • タイム:適量
  • セロリ:適量
  • チーズクラッカー:お好みで

【調理時間】

  • 30分

【一口メモ】

  • 塩の分量に注意です。 入れなくてもほぼ味が完成されていますから、ほどほどにお願いします。

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *