ローストビーフ

ローストビーフ

今日はひとつオーブンを使った、ぜいたくなご馳走をつくってみることにしよう。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > ロースト・ビーフ

ローストビーフ

今日は「イギリスのものがすこぶる美味しい!」と言われるこのローストビーフを、ニッポン我が家で作って食べます。

牛もも肉

1、まずは牛肉を用意しますが、ヒレかランプが良いものです。 どうしても手に入らない時は、牛モモを買ってきましょう。 塩、胡椒をまぶしておきます。

もしもワインがあれば、塩胡椒の肉を、しばらく漬け込んでおきます。

肉を焼く

2、さてフライパンをよく熱し、バターを溶かして肉の表面をよく焼きます。

肉をしばる

3、肉全体がほどよく焼けたら取り出して、をくくりつけて肉を締まらせます(肉のしばり方)。

野菜を炒める

4、今後はタマネギ、人参、セロリ、ニンニクを用意し、ザクザク薄切りにします。

先ほど肉を焼いたフライパンには、肉汁とバターがキツネ色になり残っているハズです。 このフライパンをもう一度温めなおし、野菜たちを投入し、炒めていきます。

肉を焼く

5、炒めた野菜の上に、紐でくくった牛肉を乗せ、オーブンの中に入れますが、今回は都合上耐熱皿に移して調理します。

野菜をかぶせる

6、焼く際、肉が焦げてしまわないよう、肉の上にも野菜をかぶせます。 そうしてしばらくオーブン焼きしましょう。 時折オーブンを覗いて、 肉汁をかけたり、肉の向きを変えたり、バターを足したり、ワインをかけたりと世話をしたほうが楽しくもあり美味しくもなります。

焼き上がり

7、しばらくして肉に串を刺し、まだ黄色がかった肉汁がにじみ出ているうちに肉を取り出し、冷まします。 焼きすぎは肉の美味しさを半減させます。

ソースを作る

8、肉を取り出して残る野菜には、まだ重要な役目が残っています。 ソースを作るわけです! 野菜の中にトマトジュースとかパセリの茎、月桂樹、クローブ、セージ、 塩、胡椒、醤油、ウスターソースなどを好みの分量入れて、煮詰めます。

ソースをしぼる

9、これをフキンでこすと、グレービー・ソースの出来上がりです。 自分好みに適当にイロイロ入れていくうちに、自分流の味が決まっていくのです。

ローストビーフの完成

10、あとはローストビーフを切り分けて、クレソンやトマトを付け合せにして食べるんです。

感想

以上ローストビーフでした。 牛肉のタタキはよく作って食べるのですが、 ローストビーフは初めて作りました(最近はこんな感じに仕込んでます→樂・ローストビーフ)。

実はオーブンで焼く際に火を通しすぎて、肉の芯まで焼けてしまい、ただの焼肉になってしまったという失敗を2度やらかしました・・・。 焼き加減にはくれぐれもご注意を。

ちなみに焼く際、最後の15分ぐらいはオーブンの扉を少し開けておくと、にじみ出た肉汁がまた牛肉の中に戻り、美味しく出来る、と伊丹十三さんは「女たちよ」で語っております。

グレービソースについては、美味しく出来ないわけはないので、その他色んな料理に活用するのもアリかと思われます。

※漬けるときに使用したワインと、焼いたときにでる肉汁をこして、醤油をあわせてソースを作り、ワサビでつまむ、というテもあります。

ヨークシャー・プディング

ローストビーフの付け合せに是非どうぞ→ヨークシャープディング

06/05/17
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

牛つながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

ローストビーフ

  • 牛肉ヒレ、ランプ、モモ
  • コショウ
  • ワイン
  • バター
  • タマネギ
  • 人参
  • セロリ
  • ニンニク
  • トマトジュース
  • パセリの茎
  • 月桂樹
  • クローブ
  • セージ
  • 醤油
  • ウスターソース
  • トマト
  • クレソン

【調理時間】

  • 30分

【一口メモ】

  • 焼きすぎ注意

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *