インド式カレーライス

インド式カレーライス

ひとつ、今夏はサフランの香気を十分にもりあわせたインド式のカレーをつくって、残暑の耐えがたさを、一ペンに吹き飛ばそう。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > インド式カレーライス

インド式カレーライス

今までカレーといえば洋式のものしか作ったことがありませんでした。  理由は 単純で、インド式というとなにやらスパイスを多用し、なんだか汁っぽくてなんだかこう・・・・・・・・と、 いう風に遠慮させていただいていたわけですが、檀流クッキングのレシピを見て「これなら作れそうじゃ?」ということでやってみると割合簡単にできました。 そんなところで料理開始。
サフラン

1、今回は少しばかり贅沢のつもりでサフランを使用して作ります。 一ビン500円以上するのにほんのチョットしか入っていない高級品であります。

サフランをお湯に浸す

2、サフランを包丁で細かく刻み、熱湯に浸しておきます。 発色を良くするためにこうします。 刻む際には飛び散るので要注意です。

鶏のぶつ切り

3、今回はチキンカレーということで、鶏のぶつ切りを用意します。 およそ600gぐらい。  骨付でないと旨味がでにくいので、是非骨付きの鶏肉を使いたいものです。

ニンニク、ショウガ、玉ねぎみじん切り

4、まずはじめにほんの少しの玉ねぎをみじん切りにして、ニンニク、ショウガの薄切りといっしょにサラダ油とバター で焦げ目がつくまで炒めます。 そして油をよく切り、キッチンペーパーの上に置いておきます。 カレーの色だしと、香り付けに使用します。

ニンニク、ショウガ、玉ねぎみじん切りを炒める

5、キッチンペーパーの上に炒めた玉ねぎをしばらく置いておくと、バリバリになるので砕いて別皿にとっておきます。

鶏のぶつ切り炒め

6、鍋で鶏のぶつ切りを少し大めのサラダ油とバターで炒めます。 ニンニクもいっしょに入れて炒めます。

玉ねぎのぶつ切り投入

7、鶏の表面に焼き色がついたころ、荒くぶつ切りにした玉ねぎ3個分程度を投入します。 ジャガイモや人参を入れたい場合、別鍋で炒めておきます。

スープ、トマトジュース投入

8、鶏と玉ねぎがよく炒められたら、熱湯に漬けておいたサフランを残らず投入します。 まぜながら、カレー粉も加えます。  少しスープかトマトジュースを入れて、鶏と玉ねぎが焦げ付かない程度のヒタヒタの汁加減にしておきます。  唐辛子を2本入れ、できればカラシの実や粒コショウを荒引きして加えておきましょう。

チャツネ投入

9、ここで先ほどのバリバリの玉ねぎを加え、トマトピューレ、チャツネ、塩を入れて味を調えます。  ジャガイモ、ニンジンを入れる場合はここで投入します。

インド式カレー完成

10、鶏の身離れがよくなるまで煮るとインドカレーのできあがり! 最後の仕上げにカレー粉をひと振りすると最良です。


感想

以上インド式カレーライスでした。 作っていただくとわかるとおり、大変美味しいカレーです。  サフランのおかげで色合いもなんだかインドの風合いをかもし出しているので、 もうちょいなんかこうインド風の演出をして楽しみたいものです。 洋式のカレーに少々食傷していたうちの家族も、これならマンネリを打開できそうです。

レシピ内に「スープ」と明記してあるところがありますが、今回鶏がらスープを使用しました。  トマトピューレのところは、潰したトマトでもオッケーです。

サフラン?

サフランとはサフランというアヤメ化の植物の花の雌しべを低温で乾燥させたもので、1kgを得るのに15万以上の花が必要とされるもっとも高価な香辛料のひとつ。  水に溶けると鮮やかな黄金色になり、甘い香りとほろ苦味が持ち味。 魚介料理によくあい、ブイヤベースやパエリアには必須。 又、薬用効果として血のめぐりがよくなる とされ、胃腸によく、素敵な鎮静作用ももつ。

タマネギを炒めると

タマネギには特有の臭いがあるが、これはイオウ化合物が含まれているため。 加熱すると、プロピルメルカプタンという甘味成分ができ、砂糖の50〜70倍もの甘味をもつ。

カレーの語源

諸説あるが、南インドのタミル語でタレ状のソースや肉、野菜などをさす「カリ(Kari)」が有力。 ヒンディー語で「香り高いもの」を意味する「ターカリー(Turcarri)」という説もある。

06/01/18

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

カレーつながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

【具材】

  • 鶏ぶつ切り肉
  • 玉ねぎ
  • (ジャガイモ)
  • (ニンジン)

【調味料】

  • サフラン
  • ショウガ
  • ニンニク
  • バター
  • サラダ油
  • カレー粉
  • トマトジューズ
  • スープ
  • 唐辛子
  • カラシの実
  • 粒コショウ
  • チャツネ

【調理時間】

  • 60分

【一口メモ】

  • 鶏ぶつ切りは多めに用意

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *